読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮筋腫核出術[腹腔鏡手術]の記録〜手術当日

いよいよ手術当日。

午後からの手術と言われて午前中はゆっくりと思っていたけれど、あっと言う間だった。

 

手術前

朝起きてすぐに、浣腸しますよ〜と。我慢できずに水しか出ない。

朝食は、経口補水食(栄養ドリンク?のような)パックを2本飲むだけ。

 

手術着と弾性ストッキングに着替えて、指輪を外す。

11時から点滴。まさかの手首の手の甲側、親指側に太めの針を刺された。

 13:30からの手術、13:00に病室を出ると言われた。

病室を出て、看護師さん、両親、彼とともに歩いてエレベーターで手術室前へ。

そこで、昨日挨拶に来てくれたオペナースが迎えてくれる。その後、ベテランの余裕が感じられる麻酔科医が、「大好きな注射をいっぱい打ちますよ」と笑顔で挨拶してくれた。

「手術室は予想してた感じですか?」とオペナースが緊張をほぐしてくれた。「キムタクのドラマみたいです」と話してる間に、手術台へ。

ふんわり柔らかくて暖かいマットが敷いてあった。

横向きになって、まずは背中に麻酔の管を。

「硬膜外麻酔」という脊髄の近くに入れるものらしいけど、不思議と痛くなかった。これが入るのを確認するまでは意識がある。

その後マスクをされた後は覚えていない。

術後

「出血が多かったので、自己血を使いましたよ〜」と言われたのをぼんやり覚えている。
気づいたら病室で、両親と彼が見守ってくれてた。急に吐き気が来てほんの少し吐いたら、吐き気どめを注入してくれて、すぐに落ち着いた。

気づいた時にはもう暗くなっていたけれど、予定通り3時間ほどで終わったとのこと。

まだ麻酔が効いてて痛くない。


その夜
寝返りがうてないのが一番辛かった。
1時間おきに来てくれて、少しだけ横を向けるようにと背中の枕を左側右側と交互に変えてくれた看護師さんが天使に見えた。
夜中に、水分が取れないから、うがいをさせてもらう。ここで使うんだなと思った、ストロー付きのカップ。

喉の渇きは、体験記を読んで覚悟してたので、用意した濡れマスクを看護師さんにつけてもらった。
紐なしで、ほほにシールで貼るタイプの濡れマスクで耳も痛くならなくて正解だった。

 夜中に痛くてナースコールを押したら、「背中の痛み止めは使いましたか?」と。どう言うこと?と思ったら、自分で痛み止めが入れられる仕組み。ボタンを押すと30分は再度押せないようにロックされるとのこと。その説明は意識が薄くて聞いてなかったのか、されてなかったのかわからないけど、そこから目覚める度に押して助かった。

ベッドの枕元にあるデジタル時計は確認することができず、一体何時なのか?何度目覚めたのかわからない程、眠りは浅く悪夢祭りだった。

ただ、窓から東京タワーや夜景が見られて気が紛れた。

そしてやっと外が明るく、、瑠璃色ってこんな感じなのかな、、と朝が来たのがこんなに嬉しいことはなかった。