読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

術後の記録〜3日目

術後3日目。

3:30頃目覚めて、泣いていた。仕事をしばらく休むのに夢の中で働いてて悲しく辛い状況で泣いてた。
詳しい中身はすぐ忘れたけど、仕事も一度忘れようと思った。
しばらく眠れず4:30寝たのか?目覚めたのは7:00
夜中に一度起きただけだった。

 

今朝は、ジョアが出た。牛乳苦手と伝えたから。
朝ごはんに貝柱とアスパラのシチュー、そしてメロンが出た!高級だ^^

もう食べても眠くならない。
半分ぐらいは食べられるようになった。
お小水の管を抜いてから、トイレの時間と量を記録するように言われてて、記録している。
頻尿に悩んでいたせいもあって、これまで行きたいと言うより今行かなきゃというタイミングで行ってたんだなと改めて。

 

ゆっくり横になっていて思うこと。

やらなきゃいけないことがないなんて!

やらなきゃと自分を追い込んで動いていることが多過ぎた、これまで。

 

朝は、採血。
見えづらい左手に注射針を刺して、中でグリグリ血管を探されて、右手にしてくださいと頼んでそうしてもらった。病棟のナースでも上手じゃない人がいるんだなぁ。。ん。。

 

今日は昼寝をしないで、歩こう!と談話室まで行って本を読む。日記を書く。何かしようとする度に談話室まで行ってやることにした。
近くの小学校の校庭が見えて、ちょうど休み時間のようで、みんなが入り乱れて遊んでいる。ぼーっと眺めて、チャイムは聞こえないけど、時間が来たら、サーっと引いていった。
みんな当たり前に戻って行く。
嫌だまだ遊びたいという子はいないのかな。
私も嫌だ遊びたいとは思わない子だったな。チャイムがなったら席に戻るよと言われたら疑わずに席に戻る。そんな当たり前のことを当たり前なのか?と思える体験になってるんだな、この入院。

 

お昼前に母が来てくれた。
私の一人暮らしのマンションで寝泊まりして都内のここまで電車で通う。田舎の町から出たことの無い母に、ものすごい冒険をさせてしまっている。
ちゃんと乗り換えられたよ、と嬉しそう。
青森展で見つけたと林檎ジャムやら林檎羊羹?やらを買って来た。
母と一緒に昼食。今日もお魚が嬉しい。
食後にまた歩く。雨が降ってきて、近くの校庭は誰も居なかった。残念。
ぐるっと回って下の階の喫茶店へ行ってみた。
ブルーベリー健康ジュースを注文。
濃厚で効きそうだね、と言ったのも束の間。
冷えたジュースはお腹にこたえた。
まだお通じがイマイチでお腹がものすごく張っているのに、今度は胃までパンパンになった感じ。

戻ってきてから肩を揉んでもらった…オペ後、動けなかったことが影響しているのか、バキバキだった。ほぐれるまでいかないけど、かなり気持ちよかった。
母も私と同世代の頃に全摘出の手術をしているので、その時との違いやら、その後の生活のことを話してくれた。そこから、私が生まれた時のこと、命名のきっかけまで、いろいろ聞けた。
これもこんな機会だからこそだなぁ。

 

夕方前に担当医の先生が背中の麻酔の管を抜きに来てくれた。
スッと抜けた。さすが先生!
背中を丸めればよかっただけだったらしい。
これで身体からの管は全部取れた。

 

夜に彼が来て、お腹が張っていると言ったら青汁をくれた。これが明日効けばいいな。
肩を揉んでもらったら、昨日よりほぐれていると。
付き合い出した頃は、背中のマッサージも拒んでいたので、(人に背中を触られる恐怖症だった^^;)
こんなにバキバキなのに、それに気付かずほっといてることに、それを改善しようとしないことに、怒りさえ感じてたと言われた。何てこと!

今の私は身体も心もほぐれて来たのだろうか?